太陽光発電は本当に得なのか?|費用対効果を検証する

MENU

太陽光発電は本当に得なのか?

太陽光発電・ソーラー・太陽発電は本当に得なのでしょうか?

 

多くの方が興味を持っている疑問ではないでしょうか?

 

この項では、結局太陽光発電は得か否かについてご説明したいと思います。

 

 

 

結論

 

太陽発電を設置する環境によって異なる

 

 

 

これ以上の答えはありません。

 

得か損かといえば、完全に費用対効果の問題になります。

 

初期投資をいくらした結果、年間どれだけ発電して節約した電気代と売電の金額の和

 

このバランスが費用対効果なのです。

 

 

では、それを測るためにはどうしたらよいでしょうか?

 

どんな要因があるのでしょうか?

太陽光発電を設置した場合の損得の分かれ目となる要因

 

ポイント1

設置場所の日照量

 

 

太陽発電は太陽光を浴びることで発電するシステムです。

 

当然のことながら太陽光が照射しないとほとんど発電することはありません。

 

そのため、日照量により発電量が大きく発電します。

 

日照量は、エリアによって大きくことなります。

 

また、設置場所の向きや、周辺の建物等による影なども影響します。

 

そのエリアの日照量と設置場所の具体的な調査によって大体の発電量は、

 

シミュレーションすることが可能です。

 

 

 

ポイント2

パネルの発電効率

 

 

一般的に太陽光発電の発電効率は悪いと言われています。

 

それは照射する太陽光エネルギーを電力に変えるエネルギー変換効率が悪い、

 

ということを意味しています。

 

ただし、太陽光は無料です。

 

エネルギー効率が仮に悪いとしても、取得エネルギーが無料であるので、

 

そのことによって損することはありません。

 

いっぽうで同じ面積にパネルを設置するのであれば、発電効率がよいもののほうが、

 

発電する量が多くなるのも事実です。

 

ポイント3と併せて確認することが重要です。

 

 

 

ポイント3

初期費用の問題

 

 

 

当然初期費用が高ければ高いほど、元を取るのが大変です。

 

1kWあたりの初期費用をしっかりと計算して導入判断をしましょう。

 

そして、設置後どれくらいで投資金額を回収できるかしっかりと計算しましょう。

 

費用対効果を測る方程式

 

想定年間発電量 ÷ 初期投資金額 ≧ 10%

 

これが得する太陽光発電の基準です。

 

 

さて、以上を踏まえた上でまずは、見積もりを取得してみて下さい。

 

その上で上記の計算式に当てはめることで、導入して得するか、損するかわかります。

 

まずは、現在の状況で、初期費用と発電量を調査することが大切です。

 

見積もりとシミュレーションの取得については、

 

これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する

 

でご確認下さい。必ずご満足のいく調査結果を手に入れることができます。

見積もりを取ったらしつこい営業をうけるのか?

 

間違ってもしつこい営業をうけるようなことはありませんので、ご安心下さい。

 

 

一人でも多くの方に太陽光発電を導入して頂きたい。

 

ただし、導入して得する方のみに導入して欲しい。

 

それが、私たちの思いです。

 

 

なので、見積もりをとったからといって必ず導入する必要はありません。

 

あくまでも、お客様が得をする見込みがあって、導入したい方のみに、

 

一歩を踏み出して頂きたいのです。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。