太陽光発電設置にかかる金額の相場

MENU

太陽光発電システム全体の相場

太陽光発電システムの設置にかかる費用について、当サイトが独自で調べた相場をお伝えします。

 

もし、費用の全体像・詳細をお知りになられたいような場合は、

 

太陽光発電設置にかかる費用って具体的にいくらくらいなの?をご参照下さい。

 

さて、気になる相場ですが、

 

 

ずばり41万円〜53万円です。

 

 

メーカーや公称最大出力、発電効率、パワーコンディショナー工事内容にもよりますが、

 

概ね上記の金額の中に入っていれば相場通りということが言えます。

 

公称最大出力が高いものほど、金額が安く、発電効率の高いものほど金額が高い傾向にあります。

 

ただし、太陽光発電は、投資的に意味合いが強いため、安ければよいというものではありません。

 

費用対効果をしっかりと見据えて、捉えることが必要になります。

 

まずは、ご自宅の状況に合わせた見積もりとシミュレーションを取得されることをオススメ致します。

 

詳しくは、これで十分!太陽光発電の費用を抑え、費用対効果をもっとも高く導入する

 

で内容をご確認いただいて、導入をご検討頂けたらと思います。

相場より金額が高かったら・・・

いくつか原因が考えられます。

 

1.屋根の形状等の問題で工事費が多くかかっている。

 

2.業者が高い金額を提示してきている。

 

3.もともと価格の高い業者から見積もりをとっている。

 

4.高効率のパネルを使用している

 

 

仮に、原因が1.だとすると費用が高くなってしまうのは、止むを得ないと思います。

 

逆に、そんな中で費用を落として工事できたとしてもよい結果を得られらない可能性が高いです。

 

なので、いくつか業者から見積もりをとり、工事内容について突っ込んで聞いてみてください。

 

2〜3社聞いたらどの業者が正しいかわかると思います。

 

 

また、原因が2.3.だとすると答えは簡単です。

 

他の業者から見積もりを取りもっとも安い業者にすればよいだけです。

 

あるいは、その業者が縁故がある等どうしても頼まなければいけない事情があるのだとしたら、

 

他の業者から出してもらった見積もりを見せて、少し勉強してくれるようお伝えして下さい。

 

 

原因が4.の場合は、シミュレーションと比較して下さい。

 

費用対効果を測る方程式

 

想定年間発電量 ÷ 初期投資金額

 

他の業者からも見積もりを取り、比較検討して下さい。

 

上記の公式でもっとも数値の高くなるもが最も費用対効果の高いプランです。

 

費用の高い安いに惑わされることなく、費用対効果で選ぶようにして下さい。

 

 

見積もりの取得については、

 

これで十分!太陽光発電の費用を抑え、費用対効果をもっとも高く導入する

 

に詳しく書いてあるので、参照下さい。

相場より金額が安かったら・・・

費用が安く導入できるということは、すごく良いことです。

 

初期投資を抑えることができ、その分リスクヘッジできるということですので。

 

ただし、注意が必要です。

 

いくら安いからといって導入したのはいいものの、発電量が少なければ、

 

何のために導入したかわからなくなってしまいます。

 

なので、極力費用対効果で選ぶようにしましょう。

 

あとは、忘れてはいけないのは、業者さんの質の問題です。

 

10年、20年とお付き合いしていける業者なのか、

 

これからずっとメンテナンス等でお世話になる方たちになるので、

 

人物的な部分も併せて、お付き合いしていけるのか、

 

検討していただきたいと思います。

 

 

要チェック

目先の金額に惑わされないで、本質を掴むようにして下さい。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。