これで十分!産業用太陽光発電

MENU

産業用太陽光発電は、これで十分です。

高額な費用がかかる産業用太陽光発電。

 

1kWあたり30万円で導入するとして、最低でも10kW300万円の初期費用がかかります。

 

  • 2013年度の全量買取制度の適用を受けたいと思っている方
  • 消費税が増税される前に導入したい方
  • 少しでもお得に産業用太陽光発電を導入したい方
  • たくさん情報があって、何をどう調べていいかわからない方
  • あれこれ情報取得して、何が正しいかわからず迷っている方

 

以上のいずれかに該当する方へ、たったこの1ページだけで産業用太陽光発電のすべてがわかる。
そんなシンプルで、必要十分なコンテンツができました。

 

このページを見るだけで、そのすべてがわかるでしょう。

 

まずは、結論からお伝えします。
産業用太陽光発電を導入したほうが得か損かは、場所によって決まります。
つまり、1.いくらで導入するか、2.導入後どれだけ発電するか で決まるということです。
そうなると、設置場所をテリトリーとする販売業者とその場所の日照量を中心とした環境が大きく影響してくることになります。

 

では、損なのか得なのかを見極めるには、どうしたらよいでしょうか?
現地調査ののち見積もりとシミュレーションを取得して、以下の数式に当てはめることです。

費用対効果を測る方程式
想定年間収益※1. ÷ 初期投資金額 × 100

※1.年間想定収益は、想定年間発電量×全量買取制度の単価※2.です。
※2.2013年度の適用だと36円(税抜き)となります。
結果、この数値が10を上回るようであれば、得をします。
できるだけ早く導入に踏み切りましょう。
この場合は、早ければ早いほど、お得度は増します。
そして、この数値が一番高くなった業者※3.4.に工事を依頼しましょう。
※3.ただし、シミュレーション数値が適切でなければ意味がありません。
後ほど紹介する信頼できる業者のいずれかに依頼するとよいでしょう。
※4.ただし保証やアフターサービスの比較も忘れないようにしましょう。いくつか業者を呼んで数値とサービス内容を比較するようにしましょう。

 

太陽光発電アドバイザー秋山慎也認定

 

 

追伸:設置場所によって、対応できる業者は大きく変わります。
できるだけ安く費用対効果を高く導入したい方は、手間は増えますが、少しでも多くの業者から見積もりを取得されることをおススメします。

 

 

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。