太陽光発電の費用を抑えて、最も費用対効果を高く導入する

MENU

これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する

いろいろと調べたり学んだりするのが面倒な方へ。

 

最低限このページだけ読んでいただけたら、最安値で太陽光発電を導入することができます。

 

逆に詳しくいろいろとお知りになられたい方は、サイドバーから気になる項をクリックして、

 

いろいろな情報を得て頂いた上で改めてこの項に戻ってきて下さい。

 

 

費用対効果を測る方程式

 

想定年間発電量 ÷ 初期投資金額

 

 

さまざまな見方を検証する必要はありますが、

 

とにかく最高のパフォーマンスで導入したい方は、

 

これさえ抑えていたら間違いがありません。

 

その他のことについては、他の項で確認していただきたいと思います。

 

 

この数式で出る数値をを業者ごとに比較して、最もよい数値の会社から導入して下さい。

 

そして、最低限この数値が10%前後であることが重要です。

 

ただし下記の注意点をご参照下さい。

 

できるだけたくさんの業者から見積もりをとる

ずばり、これに限ります。

 

業者さんに相見積もりを依頼することで、

 

競争が生まれ、条件のよいプランを作るというものです。

 

下記サイトでは、一括で複数の業者から見積もりを取得することができます。

 

人気順にランキング形式でご紹介致します。

 

 

太陽光発電は、WEB見積もりで安くなるをモットーに最短2分の簡単入力で、見積もりが届きます。現在インターネットを中心にそのシェアを拡大しており、少しでもお客様に安い価格で太陽光発電を導入してもらうシステムを提供しています。

 

 

注意点

業者から見積もりをもらってからが勝負です。

 

いかにその見積もりとシミュレーションを分析・比較できるか、です。

 

先に記載した費用対効果の方程式を今一度ご確認下さい。

 

想定年間発電量

 

ここを注視して下さい。

 

この数値を出した根拠が何かを見てみて下さい。

 

 

想定年間発電量 = 日照量 × 発電効率

 

 

発電効率は、ものによってまちまちです。

 

効率の高い機種はそれだけ値段が高く、費用がかさみます。

 

いっぽうで効率が低い機種は価格が安い反面、発電量が少なくなります。

 

発電効率は機種によって標準的な数値が設定されているので、問題ありません。

 

でも、日照量をどの程度で見ているかは、販売店によって違います。

 

なので、基準を聞いて、甘いシミュレーションになっていないかチェックして下さい。

 

その想定が変われば、すべての数値が変わってしまいます。

 

前提条件を併せて、計算してみて下さい。

 

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。