太陽光発電システムは、緊急時の電力供給源になるというメリット

MENU

緊急時に威力を発揮する太陽光発電システム

緊急時有効な太陽光発電イメージ

 

緊急時において、仮に電力会社からの電気の供給がストップしたとしても、

 

太陽光発電システムが稼働していれば、その家庭で電気を使うことができます。

 

自分の家で電気を作ることができるメリットを最大限に活用できる瞬間です。

 

東日本大震災以降、脱原発の動きと併せて、この電気の自給自足ということは、

 

非常に強い関心事になっています。

 

多くの方が恐怖に感じた、計画停電はまだ記憶に新しいところです。

 

どこもかしこも、節電、節電。

 

電気の供給が需要を満たすことができないことがあると証明した日々でした。

 

いつもスイッチを押せば電気は通じるもの…

 

いつのまにか、当たり前になっていた電気が急に止まることがあるんだということを思い出させてくれました。

 

太陽光発電システムは、全体における節電にも貢献する

太陽光発電システムで発電した電力は、完全にプライベートな電気です。

 

従って、どれだけ節電ニーズが高い時だって、いくら使っても、市場全体に供給される電力を

 

使うわけではありません。

 

よって、太陽光発電システムを導入している家庭は、それだけで節電に貢献していることになります。

 

いわば、節電しなくても節電しているわけです。

 

そういう観点から、緊急時、災害時に電力供給源になるということは、

 

電力市場全体における、節電効果もあるということが言えます。

太陽光発電は、蓄電機能はなく、「今」使ってしまう必要がある

基本的に太陽光発電で発電した電力は、その場で使ってしまう必要があります。

 

もし、その時に使う電力以上の電気を発電したときは、自動的に売電されることになります。

 

というのも、太陽光発電システムは、発電システムなのであって、蓄電機能はないからです。

 

もちろん、蓄電池も販売されているし、東芝なんかは、蓄電池も標準セットで販売していたりします。

 

ただし、現在ところは売電収入のメリットが大きいことと、蓄電池の機能と費用を勘案して、

 

使い切れない部分については売電に回す方が効果的というふうに思います。

 

なぜならば、売電は非常に優遇された状態が向こう最低10年は保証されるからです。

 

詳しくは、太陽光発電の導入時期はいつがよいのか?をご覧下さい。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。