太陽光発電は電力エネルギーの自給自足を促進するというメリット

MENU

太陽光発電は、個人レベルで電力エネルギーを生産することができるというメリット

太陽光発電は、個人レベルで電力エネルギーを作り出すことができる唯一といってもよい手段です。

 

これまで、電力といえば電力会社中心とした事業体が多額の設備投資をして発電し、

 

個人は、生産された電力を購入することしかできなかったですが、

 

屋根に太陽光パネルを設置し、簡単な電気工事をするだけで、電力エネルギーを作り出すことを

 

可能にしたのが、太陽光発電の非常に画期的なメリットです。

 

太陽光発電で自給自足する電力は個人を自由にする

時代の変化とともに、田舎で自給自足暮らしをする人が増えてきました。

 

田畑を耕し、自然の恵みの中を自力で生きていく。

 

自然、宇宙の理に則した生活を作りたいと志す方たちです。

 

そういった方にもたくさんの課題があります。

 

一つはお金の問題、もう一つはライフスタイルの問題、そしてエネルギー問題です。

 

光熱費と呼ばれる、エネルギーを消費するものについて、基本的にこれまでは自給自足できませんでした。

 

でも、太陽光発電が個人レベルでの電力エネルギーの自給自足を可能にしたことで、

 

個人はより縛りから自由に解放されることになるのです。

 

エコでクリーンな太陽光発電で、現代社会ではなくてはならない、電力を自給自足できるのです。

 

万が一の際に強い太陽光発電

さらに、自家発電できるということは、災害などの停電時に非常に有効に働きます。

 

ライフラインが遮断され、電力供給がストップしたとしても、太陽光発電を導入していれば、

 

自分の家で電気を作れるわけなので、困ることがありません。

 

周りの自分の力で、自分の自宅で電力を確保することができるのです。

 

ただし、現状では問題点が一点あります。

 

それは、基本的には太陽光発電は蓄電機能を持たないということです。

 

太陽光発電によって生産された電力は、そのままリアルタイムに自家消費され、

 

余剰分は即売電されます。

 

なので、日中太陽があたっている時はよいのですが、夜や雨の日など、

 

太陽が当たらない間は、自家発電することができなく、電力を使えないのです。

 

なぜなら、一連のシステムに蓄電機能はないからで、電力を蓄えておくためには、

 

別途蓄電池を導入する必要があります。

 

ただし、現状では一部を除いて蓄電池を導入するメリットは乏しいので、

 

継続的に検討する課題として取られて頂けたらと思います。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。