太陽光発電は経済的なメリットになる-投資としての効果-

MENU

太陽光発電は本当に経済的なメリットがあるのか?お得なのか?

太陽光発電は経済性のイメージ画像

 

実際に太陽光発電を導入する方の9割以上がこの経済性という観点で決断しています。

 

そして、太陽光発電に興味はあるのだが、設置するかどうか迷っている方の7割が、本当にお得なのかという点で迷っています。

 

結局のところ導入したほうがよいのか、それとも見合わせたほうがよいのか、ほとんどの方は経済的なメリットの有り無しで決めているということです。

 

 

 

チェック

どうしたら経済性をチェックすることができるのでしょうか?

 

 

 

非常に簡単です。

 

太陽光発電のようにお金を出した結果、電力という価値が生み出されるような性質をもつものを、

 

投資と呼びますが、投資で経済性をチェックするのは非常に簡単なのです。

 

投資とは、要するに、いくら支払ったら一体いくらリターンとして返ってくるのか、

 

一年あたりのその初期投資に対するリターンの割合=利回りがどれほどあるか、

 

という2つの点を確認するだけだからです。

 

 

つまり、結局のところは、

 

これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入するページに記載している

 

 

費用対効果を測る方程式

 

想定年間発電量 ÷ 初期投資金額

 

 

ここに辿りついてしまうわけです。

 

この値が10%程度あれば、現状の技術水準からすると十分及第点であると同時に、

 

投資として考えた際に、10%リターンを得られる投資が他にはまずありえないことを考えると、

 

非常に有効な投資手段であり、経済的メリットが大きいものであることが言えると思います。

 

 

 

 

 

ソーラーローンを利用した場合における経済性の求め方

ソーラーローンを活用しても基本的には同じことがいえます。

 

現金で購入することとの決定的な違いは、

 

 

投資が先か後かということ=ローンの場合は実際に太陽光発電で生み出した電気から支払うことが可能

 

利息がかかってくるため、収益性が低下するということ

 

一時金で出て行く金額が少ないのでその分キャッシュフローはよくなる

 

 

この3点のみです。ソーラーローンを活用することで初期投資を抑えることが可能になるため、

 

実際的には、利回り自体は現金で購入するより高くなることもあります。

 

ですが、利息がかかることに間違いはないので、絶対収益額となると間違いなく現金が多くなります。

 

そのあたりも踏まえて検討することをオススメ致します。

 

 

ソーラーローンを活用した場合の利回りの求め方

 

(想定年間発電量-年間支払いローン額) ÷ 初期投資金額

 

 

初期投資が必要ない場合もありますので、その際には、下記の基準で判断して下さい。

 

 

年間想定発電量-年間支払いローン金額 > 0

 

つまり、支払いローン金額以上に、太陽光発電設置による(節電金額と売電金額の和)が大きければ導入しても問題ないということです。

 

また、ソーラーローンについては、ソーラーローンにはデメリットもある!全体をしっかりと確認して下さい。も併せてご覧下さい。

 

 

 

 

 

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。