太陽光発電は環境負荷が低く自然と調和した生き方につながるメリット

MENU

太陽光発電は本当に環境負荷が小さいというメリット

太陽光発電は、太陽光エネルギーを電力に変換する仕組みです。

 

その変換する家庭で、二酸化炭素を排出したり、有害物質を生成したりすることはありません。

 

少なくとも、10年、20年以上は、一度設置してしまえば、太陽光が照射する限り、

 

太陽光エネルギーを電気に変換し続けてくれます。

 

そういう点で、非常にクリーンなエネルギー源であり、環境負荷が小さいというメリットがあります。。

 

 

よくモジュールを製造する過程で環境負荷を与えるからクリーンではないという人がいます。

 

でも、どんな発電方式だって製造するときに二酸化炭素を排出したり、残骸物質を作ってしまいます。

 

そういう意味では、まったく環境負荷をかけることなく、発電設備を製造することはできないし、

 

そうなれば、電気を使うこと自体が悪ということになってしまいます。

 

では、そういう批判をする方が、電気を使わずに生活しているかといえばそんなことはありません。

 

しっかり電車に乗るし、しっかり車にのって二酸化炭素を撒き散らすし、電気ジャーで米を炊きます。

 

だから、そんな批判を気にしてはいけません。

 

現状考えうる範囲ではもっとも環境負荷の小さな発電システム。

 

それが、太陽光発電システムなのです。

太陽光発電が自然と調和した生き方を作り出すというメリット

太陽光発電は、上記の通り環境負荷のとても小さな発電システムです。

 

しかも、太陽光が照射するだけで発電するので、難しいこともありません。

 

現在の経済システムの中にあっては、環境に負荷を与え、生産活動をし続けて、

 

過剰な製品を作っては供給して、激烈な競争を生き抜いていくことが求められます。

 

 

でも、本来自然というのは、周りと調和して、最適化されたバランスの中着々と進化し続けるものです。

 

だから、太陽光発電は、現代社会における電気に頼った生活様式を崩すことなく、

 

自然と調和することができる優れた発電方式です。

 

特に循環型の生活をしている人のように、自然と一体化した生き方をする人にとっては、

 

ものすごく有益な発電方法だと思います。

 

食料や、生活必需品の自給自足だけでなく、電力までクリーンで循環できるもの、

 

すなわち再生可能エネルギーとして、太陽光を電気を生み出す材料に使えるからです。

 

太陽光発電は非常に地球環境と自然保護の観点からも非常にメリットの大きな仕組みです。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。