賃貸マンション・アパートに太陽光発電を導入すると空室対策になる

MENU

太陽光発電は空室に悩むオーナー様を救う?

太陽光発電を導入することにより、空室対策をしようとする不動産オーナー様が増えています。

 

一体どうして太陽光発電を導入することで空室対策できるというのでしょうか?

 

その仕組みをお伝えしていきたいと思います。

 

 

その前に、どうして現在賃貸住宅において空室率が劇的に上昇しているか、

 

その根本的な問題点をお伝えしたいと思います。

 

これまで、不動産神話が崩れたあとも、

 

アパート建設会社・投資マンション業者・Jリートをはじめとしたファンド、

 

さまざまな事業体が市場に賃貸住宅を供給し続けてきました。

 

毎年ものすごい勢いで賃貸住宅は増え続けています。

 

いっぽうで、日本の人口はすでにピークを越し、完全に減少傾向に突入しています。

 

賃貸住宅は、一度立てると30年程度は取り壊されることはありません。

 

常にストックとして在庫が積み上がっていく性質をもっています。

 

そうなれば、供給がつづけばあるタイミングで供給過剰になり、需給バランスがくずれるのは、

 

市場原理からすると極めて自然な理と言えるでしょう。

 

そのターニングポイントになったのは、おそらく2009年〜2010年頃と思います。

 

これから市場はますます厳しくなり、空室率は高くなる、つまり、

 

現在は高空室率時代の幕開けに過ぎないということが言えると思います。

 

そうなると消費者主導での市場が形成されていくので、

 

価格か、サービス等の付加価値、つまり、賃借人のニーズに合わせた賃貸住宅運営を

 

しないことには大家さんは生き抜けないい時代になったと言えると思います。

太陽光発電を導入することで、空室対策になる理由

 

ポイント

新時代のキーワード・エコロジー

 

 

 

現在、賃貸住宅に住まうメインとなるのは、20代〜30代の単身層、どう世代のファミリー層が主体です。

 

その世代の人たちは、社会貢献に対する意識が高い世代です。

 

すでにバブル時代を知らない世代がメインとなってきており、

 

お金ではない価値を重要視する傾向性を持っています。

 

当然、住宅に対しても求めるものが一昔前と違ってきており、ほかと違った個性を求めています。

 

そんな中にあって、太陽光発電を設置している賃貸住宅というのは、

 

環境に配慮したクリーンな住宅として非常に人気を得ています。

 

住むだけで自然環境に貢献できる。

 

まさに夢のような住まいということができるでしょう。

 

 

 

ポイント

共用部分の電気代をなくし、売電収入を得ることができる。

 

 

 

発電した電力を自家利用して、余剰電力は電力会社に買い取ってもらうことが可能です。

 

共同住宅の自家利用は、共用部分の電気ということができます。

 

つまり、普通に投資として共同住宅の屋根という空きスペースを有効に活用することができるわけです。

 

そうすることで、共用部分の電気代としてもらっていた共益費等をなくしてあげれば、

 

入居者からは非常にありがたいことでメリットとして訴求することができます。

 

さらに、売電による収益はそのまま懐に入ってきますので、共益費を値下げしたことによる

 

デメリットをそんなに感じることはないでしょう。

 

 

 

まずは、資料請求をしてみて下さい。

 

実際にお持ちの不動産からどの程度発電することができるのか?

 

そのための初期投資はどの程度必要になるのか?

 

費用対効果をしっかりと検証した上で、比較検討されることをオススメします。

 

事業用太陽光発電については、事業用太陽光発電はシミュレーションします



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。