2014年度ついに国からの設置時の補助金がなくなります。

MENU

設置時の国からの補助金を受けられるのは今だけです。

 

太陽光発電を導入する際にひとつの大きなポイントとされてきた補助金。

 

国からは1kWあたり20,000円程度助成されていましたが、

 

ついに2014年度にはなくなることが決定しました。

 

元々太陽光発電の設置時の国からの補助金は、全国での普及を飛躍的に拡大するために、

 

一般住宅への設置を支援するために設けられていたもので、導入価格の相場が下げられるに応じ、

 

補助額も減額されることが当初より示唆されていました。

 

経済産業省が住宅用太陽光発電導入支援復興対策基金造成事業費補助金交付要綱で

 

定めており、一般社団法人太陽光発電協会が事業者として募集を行ってきました。

 

 

2012年度7月の全量買取制度の実施により、太陽光発電は急速に普及していって、

 

価格が大きく下落していきました。

 

2012年から2013年には、補助金額も、全量買取制度の買取単価もそれぞれ減額となりました。

 

 

2014年度以降どうなるのか?

 

そこで気になるのは、2014年度以降太陽光発電を導入することのメリットが、

 

少なくなってしまうのではないかという点になるかと思います。

 

これまで公的な支援としては、

 

チェック

導入時の国からの補助金

 

チェック

地方自治体からの補助金

 

チェック

全量買取制度による優遇

 

この3種類がありました。

 

 

導入時の国からの補助金については、なくなることをお伝えしましたが、

 

地方自治体からの補助金も2014年度は大きく縮小することが想定されます。

 

2013年度は場合によっては、都道府県からと区市町村からと合計で1kWあたり0〜100,000円近く

 

助成されるところもありました。

 

しかし、まだほとんど決まっているところはありませんが、2014年度はかなり縮小するのは、

 

まず間違いないことということができます。

 

 

さらに、全量買取制度は制度自体はなくならないと思われますが、

 

買取単価もおそらく38円⇒34円程度には下げられるのではないかと思います。

 

2014年度以降に導入するメリットはあるのか

 

国からの補助金が打ち切りになった背景には、

 

導入時の価格が、補助金がなくても十分に採算が取れるくらいに低下したことがあります。

 

当然、2014年度になったからといって補助金分相場が下がるということはありませんが、

 

すでに2013年度の後半には、補助金がなくても普及するくらいの価格帯になっているということです。

 

つまり、10年で初期費用を回収できるということです。

 

 

また、2014年度に全量買取制度の買取単価がどこまで下がるかにもよりますが、

 

引き続き太陽光発電の普及は拡大し続けることは間違いないでしょう。

 

※ただし、産業用太陽光発電については、少し様子が異なりますので、注意が必要です。

 

 

じゃあ、いつ導入するのが最も得になるのか?

 

ずばり、2013年度に導入するのが、直近数年の間では、

 

もっともメリットが大きくなるということができるでしょう。

 

それには、以下のような理由が挙げられます。

 

その一、
すでに現状レベルの製品においては、製造原価が限界まで下げられている

 

その二、
販売店は激しい価格競争で利益が圧縮されている

 

その三、
製造原価を劇的に下げる新技術が開発されるのはまだ少し時間がかかる

 

その四、
補助金だけではなく、全量買取制度の買取単価は、向こう10年影響する

 

その五
機会損失という意味で、数年間放置することのロスはあまりにも大きい。

 

以上のことから、もし太陽光発電の導入を検討しているのであれば、

 

まず、太陽光発電があなたにとってメリットかデメリットか見極める方法
をご覧下さい。

 

 

そしてもし、あなたにとって太陽光発電が「よいもの」であるのであれば、
太陽光発電を最安で導入するための3ステップで最も安く設置してください。

 

 

※調査するのは、簡単・無料です。

 

すでに100万人以上の方が太陽光発電を導入するかどうか検証しています。

 

あとで後悔しないように今すぐご確認ください。

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。