訪問販売で太陽光発電を導入すると失敗するって本当?

MENU

太陽光発電と訪問販売会社との関係について

太陽光発電・ソーラー・太陽発電普及の歴史は、

 

訪問販売と切っても切り離せない関係にあります。

 

というのも、製品の性質上、太陽光発電の販売と訪問販売は相性がよく、

 

太陽発電は屋根に設置するため、現地調査した上で導入提案が必要なことや、
複雑なシミュレーションの下で得がでる商品構成であることなど

 

発電効率の悪さから強い提案とクロージングが必要な商品であったため近年まで、

 

ソーラーの主な販売ルートは訪問販売でした。

 

 

ところが海外からの安価なパネルが輸入されるようになり、

 

パネル自体の単価が下がることで費用対効果がよくなり、

 

商品自体も発電効率がよくなってきている点、

 

国からの導入補助や、売電の補助等制度面からの援助もあり、

 

今では、インターネットが販売のメインになりつつあります。

 

その他にも、家電量販店や電気屋さん、工務店などでも取り扱っています。

 

また、複数の業態をこなしているところもあります。
(たとえば、訪販もネットもどちらでも集客しているなど)

 

 

一方で、これまで主力であった訪販や電話セールスによる導入は、

 

その販売方法に対するイメージからどんどん縮小傾向にあります。

 

 

本当に訪販で買うと損をしてしまうのか?

実際のところは、ケースバイケースです。

 

必ずしも訪販で導入すると損するわけではないし、

 

逆に、損をしてしまうこともあります。

 

一概には言えないところです。

 

なぜならば、訪問販売会社もいろいろな会社があるからです。

 

業態だけでは判断できないのが実情です。

 

訪販会社には、確かにお客さんをくいものにする悪徳会社もあります。

 

一方で、しっかりと顧客の利益のために粉骨砕身努める会社もあります。

 

これは、訪販会社のみならず、インターネットによる集客をしている会社にしても同じです。

 

どんな業態であろうとも、会社によっていわゆる「よい会社」も「悪い会社」も存在するのです。

 

※ここでいう「よい会社」とは顧客に利益をもたらす会社をいいます。

 

「悪い会社」とは顧客に不利益をもたらす会社をいいます。

 

では、どうしたらそれを見分けることができるでしょうか?

 

2通りの方法があります。

 

 

ポイント

提案内容を第三者的に検証する

 

 

 

一括見積もりサイトなどで他の会社からシミュレーションと見積もりの提案をもらいます。

 

比較検証してどちらがメリットあるか、信頼できるかを見比べる方法があります。

 

詳しくは、これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する方法をご覧下さい。

 

 

 

ポイント

営業マンを見極める

 

 

 

よい会社の営業マンはよい人間です。

 

悪い会社の営業マンは悪い人間です。

 

なぜなら、類は友を呼ぶからです。

 

顧客メリットを追求する会社には、顧客メリットを大切にする社員が集まります。

 

顧客をくいものにして私腹を肥やす会社には、利己的な社員が集まります。

 

だから、その営業マンが何を求めて提案をしてきているかということです。

 

なぜ、その営業マンは私にその提案をしているかということです。

 

顧客にメリットを提供できる会社は繁栄します。

 

顧客をくいものにする会社は淘汰されていきます。

 

よい会社と付き合うことが重要と思います。

 

しっかりとした目で営業マンをみて下さい。

 

※ここでいうよい人間、悪い人間というのは、目的について表した便宜的な表現です。
決して特定の方の人間性を否定するものではありません。
人は常にその時とれる最善の行動を選択しています。
なので、基本的によい悪いというジャッジをすることはよいとは思いませんが、
顧客にメリットを与えるか否かという基準から便宜的に表現させていただきました。
ご了承ください。

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。