こんな失敗のご用心|太陽光発電にして失敗した例

MENU

増加する太陽光発電のトラブルと失敗事例

太陽光発電が普及するにつれて、トラブルや失敗事例も一定割合ですが、

 

どんどん増えているのが現状です。

 

ある面トラブルや失敗というのは、仕方ないとはいえますが、

 

できたら、トラブルにも巻き込まれたくないし、失敗もしたくないのが実情でしょう。

 

そんな方のために、事前にトラブル事例、失敗事例をしっかりと確認しておくことで、

 

同じ思いをしないで済むよう代表的な事例を掲載しておきます。

 

また、その回避方法も併せて紹介しておきます。

販売店絡みのトラブル及び失敗事例

事例1:言っていたことと違う!シミュレーションと全く違う結果に

 

販売店から提示されていたシミュレーションと実際に発電する量に大きな隔たりがあった。販売店にクレームつけたところ、シミュレーションはシミュレーションで実例とは異なるものだと開き直られた。
→複数シミュレーションを取得することで回避することが可能。これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する
をご確認下さい。

 

 

事例2:太陽光発電を設置してから雨漏りするように

 

太陽光発電システムを設置した時から雨漏りするようになった。販売店に問い合わせたところ、ノラリクラリと逃げられ、そうこうしているうちに会社が倒産してしまったため、やむなく自費で修理する羽目になった。
→倒産しない誠実な販売店選びをするべし。一体どうやってよい販売店を見つけたらよいの?|よい販売店の見つけ方をご参照下さい。

 

 

事例3:補助金の申請を販売店に任せていたにもかかわらずしっかりとした対応をしてもらえずに、結局もらいそこねてしまった。
→誠実な販売店を選ぶにつきます。一体どうやってよい販売店を見つけたらよいの?|よい販売店の見つけ方をご参照下さい。

 

 

事例4:訪販で導入依頼し工事したが後から相場を聞いて愕然とした。何と最安値の2倍近くの金額での契約だったため。販売店にクレーム入れるもその価格で納得したでしょうということで取り合ってもらえなかった。
→→一括見積もりを取得することで回避することが可能。これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する
をご確認下さい。

 

 

太陽光発電の市場と動向【日本市場】

日本では、1980年代から2005年までは、

 

太陽光発電システムの設置数は拡大していきました。

 

ところが補助金の打ち切りにより、数年間足踏みを余儀なくされます。

 

 

2008年6月福田内閣により、低酸素社会づくり行動計画(福田ビジョン)が発表され、

 

太陽光発電の導入量を2020年までに当時の10倍、

 

2030年までに当時の40倍まで増やすことが目標設定されました。

 

 

2012年現在さまざまな補助金や売電助成などの施策で市場は拡大傾向にあり、

 

新築物件への設置、既存物件への設置、事業用のシステム導入、

 

あらゆる分野において、拡大し続けることが予想されています。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。