太陽光発電を実際に導入した方たちの実情・実績

MENU

実際に太陽光発電を導入した人の運用状況ってどうなの?

ここでは、私どものクライアントさんの中で、実際に太陽光発電を導入して、

 

運用している方の発電実績を掲載していきます。

 

すべての方に匿名を条件に掲載の承諾をいただいております。

 

また、掲載する情報は、初期費用、電気代の削減額と売電額、

 

そして、その各金額からはじかれた投資利回りです。

 

同じエリアでも屋根の条件等によっては、同等の成績は収めることができません。

 

あくまでも、参考程度にお知りおき頂きたいと思います。

 

実質初期費用 電気代削減額 売電額 投資利回り

811,200

2,122

4,875

10.35%

1,498,000

12,310

14,328

21.34%

1,715,800

9,825

14,852

17.26%

2,321,500

6,875

29,480

18.79%

3,215,800

18,500

36,515

20.53%

 

※各発電に関する金額については、2012年2月〜10月までの平均値をとっています。

 

投資利回りは、電気代削減金額と売電金額の合計に12ヶ月を乗し初期費用で除した値です。

 

 

以上をみると初期費用に対する投資利回りは、10%を上回り、場合によっては、

 

20%程度まで上がっていることが見て取れます。

 

ただし、これはあくまでも直近の平均なので、今後についてはもっと経過を見ていく必要は

 

確実にあるとは思います。

 

 

一方で、工事導入前のシミュレーションと比べると各月では大きくブレがあるものの、

 

平均値をとるとほとんど相違がないことが伺えます。

 

少なくとも、合計の利益では、全件シミュレーション値を上回っています。

 

厳しめのシミュレーションを組んだ販売店が優良だったことが伺えます。

 

そんな優良販売店を選ぶ方法、また、上記事例のようなよりよい導入をするためには、

 

これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する

 

をご覧頂き、まずは無料のシミュレーションを取得してみて下さい。

 

そこでメリットがあるのであれば、導入するとよいでしょうし、メリットがでないようでしたら、

 

無理に導入する必要はないと思います。

 

やる、やらないの前に、仮に導入したらどういう風に運用になるかということをお調べ下さい。

 

太陽光発電の市場と動向【日本市場】



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。