発電効率が悪いこと、もっとよい商品が続々と出てくるデメリット

MENU

太陽光発電は発電効率が悪いというデメリットは本当か?

一般的に太陽光発電は、発電効率が悪いと言われています。

 

どういうことかというと、太陽光パネルに照射される太陽光エネルギーを100とした時の、

 

実際に電力に変換する割合が他の発電方法に比べて低いということなんです。

 

具体的にいうと、太陽光発電は太陽光エネルギーの20%程度しか電力に変換できていないんです。

 

つまり、80%はロスになっているというわけです。

 

他の発電方法だと、悪くても40%以上あるので、そう考えると確かに発電効率が悪いと言えます。

 

 

 

チェックでも、何を比較し、何のための発電効率なのでしょうか?

 

 

 

実はここが問題なのです。

 

例えば、火力発電だと発電するにあたり原材料を使用します。

 

そうすると石油や天然ガスをいかに効率よく電力に変換できるかということは、

 

費用対効果をあげるため、あるいは資源を無駄にしないようにするため極めて重要です。

 

 

ところが、太陽光発電の場合は、照射する太陽光発電は無料で無限に降り注いでおり、

 

太陽光パネルを設置しなければ、そのまま100%がロスになっているわけです。

 

そう考えるとどれだけ発電効率が悪いとしてもシステムを導入するほうがしないようり効果的です。

 

一方で、スペースの問題を考えると、限定がでてきます。

 

太陽光モジュールを設置できるスペースというのは限られています。

 

そうすると発電効率=その家庭で生産できる発電量の総体ということができるでしょう。

 

 

 

 

 

これからもっと安価でもっと発電効率のよい太陽光発電システムが出てくる。

太陽光発電システムは、産・官・学が連携して技術的にも改革がものすごいスピードで進んでいます。

 

まさに日進月歩の進化を遂げているわけです。

 

現在の研究段階の最新情報からの私の推測をします。

 

発電効率ではないですが、太陽光発電の発電単価というものがあります。

 

これは、1kWhあたりの導入費用を表すもので、この金額が安いほど、導入価値があることになります。

 

現在 20円前後/kWh
2020年 14円前後/kWh
2050年 7円前後/kWh

 

一方で、売買される際の現在の価格をまとめておきます。

 

一般の電力小売価格 20円前後/kWh
2012年度買取価格

42円/kWh

 

毎年このkWhあたりの導入単価が下がることが想定されているため、

 

全量買取制度の単価は少しずつ下げていくことが決められています。

 

 

以上のことから、向こう少なくとも10年間は、仮に発電効率のよい商品が導入されたとしても、

 

あるいは、導入単価の安いものが市中に出たとしても、この全量買取制度の担保により、

 

いつでもそんなに導入効率は変わらないということができます。

 

 

ただし、問題は機会ロスです。

 

導入が早ければ早いほど、太陽光発電による電力を多く手に入れることができるようになります。

 

なぜなら、当たり前のことですが、今年導入した人は来年導入した人より、

 

一年多く、太陽光発電による電力を手に入れることができるからです。

 

 

まずは、これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する

 

を見て実際に手順に従って検討してみて下さい。

 

具体的なステップを経ることで効果的な選択をすることができるようになります。

 

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

発電効率が悪いこと、もっとよい商品が続々と出てくるデメリット関連ページ

日照量に左右されるというデメリットがある。
設置するには一時金が必要というデメリット