太陽光発電を設置するには一時金が必要というデメリット

MENU

太陽光発電を設置する際には、一時金で現金が必要

太陽光発電には初期費用がかかるというイメージ図

 

太陽光発電を設置・導入するにあたっては、一時金で現金を準備する必要がある。

 

すべての投資がそうだが、何かしらのリターンを得るためには初期に現金が必要なのだ。

 

この投資という性質こそが、最も太陽光発電導入検討者を迷わせる元凶となっている。

 

少なくとも太陽光発電を導入するためには、100万円単位のお金が必要だし、

 

より多くのリターン=発電量を取ろうと思うと200万円以上初期費用が必要となる。

 

もちろん、これらのお金は、単に消費される性質のものではなく、設置後発電することで、

 

電気代を節約でき、余剰電力は売電されることで、リターンとしてお金が戻ってくる、

 

そんな性質をもっている出費なので、消費ではなく、投資として扱われるべきものだ。

 

あらゆる事業と同じで、お金を投じるからこそ得られるリターンがあるのだ。

 

当サイトのメインコンテンツこれで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入するにしたがって導入すれば、仮に200万円投資したとしたら、年間20万円以上のリターンを手にすることができる。

 

つまり、投資金額に対して、年間10%の利益=金利を手にすることができるのだ。

 

ということは、余剰資金がある方で、太陽光発電を導入することでメリットを享受することができる方に

 

とってみると、この投資は非常に旨みの大きなお金の使い道ということができる。

 

なぜなら、投資とはいっても、しっかりとしたリターンの裏付けのある数少ない投資方法であり、

 

リスクとなる要素があまりないものだからだ。

 

逆にいうと余剰資金が少ない方にとっては、魅力的であっても、導入に踏み切れない理由もわかる。

 

なぜなら、手元から一時的でそのうち確実に返ってくるものであっても、お金が出ていき、

 

結果、金銭的精神的なゆとりを失うことを意味するからだ。

 

そんなリスクを最小限に抑える方法を次のご紹介したい。

ソーラーローンを活用して太陽光発電を導入する

どうしても初期費用をかけたくない方や、あまり余剰資金がないという方で、

 

太陽光発電を導入したいという方には、ソーラーローンを活用することをオススメしたい。

 

これは、太陽光発電をローンで導入することで初期費用、一時資金を極力少なくするか、

 

完全になくしてお金をかけずに導入する方法だ。

 

もちろん、毎月毎月の支払いが必要になるが、ほとんどの場合が、太陽光発電を導入することで、

 

節約された電気代と売電収入との合算金額の中で支払うことができてしまう。

 

つまり、お金をかけずに太陽光発電を導入することができてしまうのだ。

 

そして、ローンが終わったら、発電によって得られる利益がそのまま自分のものになる。

 

現金資金のない方にとっては、将来の利益をお金ではなく、時間を使って作る方法と

 

いうことができるだろう。

 

ローン期間は、概ね5年〜15年で設定することができるので、

 

ご自宅の想定される発電量との兼ね合いで、できるだけ持ち出しなく導入するとよいだろう。

 

あるいは、多少収支を悪くしてでもはやくにローンを終わらせてしまって、

 

現金収入源として活用してしまうという方法も十分有効な方法ということができる。

 

それぞれの家計状況に応じて計画を組んで頂けたら幸いだ。

 

もし、迷うことがあったら、info★taifee.biz(★を@マークに変えてください。)

 

までメールでご相談頂けたらと思う。

 

無料で、できるだけ的確なアドバイスをさせて頂きたいと思う。

 

あるいは、初期費用8万円で太陽光発電を導入する裏技も併せてご確認頂けたらと思う。

 

これも非常に有効な手段で、顧客メリットの高い商品だからだ。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。