太陽光発電を設置する3つのデメリット

MENU

太陽光発電を設置することによる3つのデメリットを把握して備える。

太陽光発電のデメリットイメージ

 

あらゆる事象は表裏一体、メリットもあればデメリットもある。

 

太陽光発電の設置について考えた際に重要になる観点は、太陽発電は投資と捉えられる。

 

すなわち、単に好きなメーカーの好きなテレビを買った、使い勝手のよい携帯に変えた、

 

冷蔵庫を大きくて省エネのものに変えた、ルイヴィトンのバッグを購入した、といったような、

 

いわゆる消費活動とは一線を画したもので、どちらかたというと事業に近い性質を持ったものだ。

 

すなわち、消費であれば購入したことによる満足感や、使用感への満足があればよいのだが、

 

投資・事業として考えたならば、いくらお金を出して、どのような収支で回収できるのか、

 

という観点が必ず必要になる。

 

そこに加えて、絶対無視することができないのが、どんな懸念材料とリスクが内在しているのか、

 

ということをしっかりと理解するべきだということだ。つまり、デメリットを確実に理解して、

 

回避できるところは回避すること、回避できないことはある程度想定しておくこと、

 

最善と最悪を常に考えておくことが重要になる。

 

このカテゴリーでは、あまり多くはないが想定することができる太陽光発電の3つのデメリットを紹介し、

 

どう克服していくかを解説していきたいと思います。

 

 

 

太陽光発電を事業と捉えた時に懸念される3つのデメリット

チェック1

発電量に波があるということ〜日照量に完全に依存するため、自然条件に大きく収支が左右される〜

 

 

 

チェック2

初期費用が比較的高額となるため、一時金としてまとまったお金が必要であるということ。或いはローンを活用した場合、金利負担があるので、金利上昇リスクと金利を経費として組み込むことが必要。

 

 

 

チェック3

一般的に太陽光発電は発電効率が悪いといわれており、今後より安価で発電効率の改善された商品が市中に出回るようになる可能性があるということ。

 

 

 

 

 

それぞれの項目が各詳細にリンクされていますので、一つずつご確認頂けたらと思います。

 

各項にて、デメリットの詳細をお伝えするとともに、回避する方法や、デメリットに対する考え方、

 

全体的に包括して分析・解説して参ります。

 

 

 

 

太陽光発電に死角はあるのか?エコ観点からのデメリット

再生可能エネルギーとして、環境負荷を考慮した動機での太陽光発電の設置については、

 

現段階では、私はメリットこそあれ、デメリットはないと考えています。

 

ところが、インターネットやさまざまなメディアではごく少数ではありますが、

 

太陽光発電は、環境に優しいとうたわれているが、それは嘘だといったことが書かれていることがあります。

 

実際のところどうなのでしょうか?

 

太陽光発電は本当にエコロジーな商品なのでしょうか?

 

事業という意味を抜かして、社会性という観点からも少し考えていけたらと思います。

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

太陽光発電を設置する3つのデメリット記事一覧

太陽光発電は、日光が照射している時間だけ発電します。それは、太陽光エネルギーによって発電するという仕組みのためです。よって、ご自宅があるエリアや、地域、屋根の向いている方角や、周辺の日影条件によって、発電量は大きく変わってきます。のみならず、日照量というのは日によっても違えば、月によっても年によってもまったく異なります。完全に水ものだということがわかると思います。つまり、農作物と同じで自然条件の変...

太陽光発電を設置・導入するにあたっては、一時金で現金を準備する必要がある。すべての投資がそうだが、何かしらのリターンを得るためには初期に現金が必要なのだ。この投資という性質こそが、最も太陽光発電導入検討者を迷わせる元凶となっている。少なくとも太陽光発電を導入するためには、100万円単位のお金が必要だし、より多くのリターン=発電量を取ろうと思うと200万円以上初期費用が必要となる。もちろん、これらの...

一般的に太陽光発電は、発電効率が悪いと言われています。どういうことかというと、太陽光パネルに照射される太陽光エネルギーを100とした時の、実際に電力に変換する割合が他の発電方法に比べて低いということなんです。具体的にいうと、太陽光発電は太陽光エネルギーの20%程度しか電力に変換できていないんです。つまり、80%はロスになっているというわけです。他の発電方法だと、悪くても40%以上あるので、そう考え...