太陽光発電の導入時期はいつがよいのか?

MENU

太陽光発電を導入する決断は、平成24年度にして下さい!

太陽光発電を導入しようか迷っている・・・。

 

太陽光発電、巷で話題になっているけど、本当にお得なのだろうか?・・・。

 

今導入すると高くついてしまうのではないか?・・・。

 

 

そんな方必見です。

 

 

太陽光発電・ソーラー・太陽発電は、今、導入することを決めてください!

 

 

絶対に今導入することがオススメです。

 

なぜ、そんなことが、声を大にして言えるのでしょうか?

 

それには、深いわけがあります。

電力の買取助成が10年間42円という単価で約束されます。

太陽光発電システムで発電した電力のうち、自宅で使用しなかった分については、

 

自宅の買電メーター/売電メーターで計測され、電力会社が買い取ってくれます。

 

その単価が非常に重要なのです。

 

経済産業省資源エネルギー庁で、太陽光発電システムによる発電電力の、

 

固定価格買取制度という制度を運用しています。

 

この価格が年度によって違うのです。

 

平成24年度(平成24年7月〜平成25年3月末までに導入されたもの)の買取金額は、

 

 

1kWhあたり、42円 です。

 

 

これは、一般住宅で個人が購入する電力が 20円前後なのを考えると破格の金額です。

 

その買取金額は、今後段階的に下げていく方針を経済産業省は打ち出しているのですが、

 

この期間に導入された方は、向こう10年間、42円が固定価格として保証されるのです。

 

 

すごいと思いませんか?

 

 

実際に、太陽光発電を導入したならば、自分ところでは使わずに、売ったほうが圧倒的に

 

お得になってしまう、そんな不思議な買取金額なんです。

 

さらに、初期投資の金額についても、国+地方自治体からの助成が受けられます。

 

(地方自治体によって異なりますので、要確認です。こちらでご確認ください。)

 

 

これだけ助成を多くしているのは、太陽光発電を普及させる国の意図が働いているからです。

 

こればかりは、時期を逃したら再度同条件になることはまずありません。

 

導入した人が一方的にお得になるシステムなのですから・・・。

 

 

太陽光発電については、発電効率が悪いとか、元がとれないとか、いろいろ言われているのを、

 

テレビやメディア、インターネットなどで見聞きしていると思います。

 

初期投資だって必要になります。

 

 

でも、当サイトでは敢えて断言させて頂きます。

 

 

平成24年が太陽光発電を導入するのに、最も適していますよ、と。

 

これから、もっともっとシステムの発電効率が良くなっていくことでしょう。

 

もしかしたら近い将来、今と同じ金額で太陽光発電を導入したら、今の2倍発電するかもしれません。

 

 

でも、なんです。

 

 

その時にはもう、こんな電力の買取が優遇されているわけはないんです。

 

なぜなら、電力会社からすると仕入れと売値が完全に逆転した不自然な価格設定だからです。

 

だから、いくら発電効率が2倍になろうと、今と全く変わらないということになるんです。

 

 

要チェック

太陽光発電を導入するのは、今しかない

 

 

 

 

気をつけなくてはいけないこと

ここまで、いかに今太陽光発電を導入するのがよいか、という点についてお伝えしました。

 

ここでは逆に注意すべきことをお伝えしたいと思います。

 

 

 

要チェック

初期費用はいくらかかるのか

 

 

 

要チェック

導入した後どの程度発電するのか

 

 

 

 

この2点を必ず確認してから導入するかどうか判断して下さい。

 

いくら買取制度が優れていようと、

 

いくら補助金が出て今がチャンスだといっても、

 

もし初期費用がものすごく高かったら、

 

もし導入した後満足いく発電量を確保できなかったら、

 

全く意味がなくなってしまいます。

 

 

現実的に、屋根の形状の問題や、屋根の面している方角、あるいは、周辺の建物の状況いかんでは、

 

満足いく発電量を得られなかったり、初期費用がベラボーに高くなったりします。

 

 

そうなってしまっては、せっかく得をするために導入したはいいものの、

 

逆に損してしまうことにもなりかねないのです。

 

 

だから、まずはしっかりと見積もりを取得して下さい。

 

導入するにしても、導入しないにしても、まずどんなものなのか、

 

見積もりとシミュレーションなくしては、判断することができません。

 

 

導入時期は、まさに今ですが、

 

あなたが太陽光発電を導入したほうがよいかどうかは、また別の話になります。

 

詳しくは、これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する

 

をご覧の上で複数の業者さんから見積もりを取得して頂きたいと思います。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。