分譲マンションでも太陽光発電を導入するメリットがある。

MENU

分譲マンションに太陽光発電を設置するメリット

新築の分譲マンション(居住用)にも太陽光発電を設置する動きが出てきている。

 

詳しくは、分譲マンションにも太陽光発電導入の動きが見られる。をご覧頂きたい。

 

これは、マンション自体に付加価値をつけることで、販売しやすくするための不動産デベロッパーの

 

ひとつの戦略であり、市場から高評価を得てきている。

 

そのため、今後の新築分譲マンションは、標準装備しているのものが増えてくるだろう。

 

新築マンションだと管理組合が結成される前で決済手続きが容易であることと、

 

導入コストを販売コストの中に予め組み込むことが可能なこと、

 

さらには、建築時に併せて設置工事ができるため、工事費も割安となることなど、

 

さまざまなメリットがある。

 

そして、売れ行きもよくなるのだから、設置しない理由がないくらいだろう。

 

管理規約その他も、予め太陽光発電に関する決まりごとを作っておけばよく、

 

何につけてもやりやすいのは、新築時に設置することだ。

 

一方で、すでに分譲済みの分譲マンションにも得られるメリットも、実はほとんど変わらない。

 

管理費を将来にわたって低減することができ、緊急時に非常用電力源となることだ。

 

これは非常に大きなメリットということができるだろう。

 

これは、居住用のマンションであろうと、分譲用のマンションであろうとあまり変わりはない。

 

分譲済み分譲マンションに導入するには

ただし、すでに分譲されている分譲済みマンションに太陽光発電を導入するには、

 

少し手続きが煩雑になり、意思決定が容易でなくなる。

 

なぜならば、管理組合が導入の意思決定をし、共有のお金の修繕積立金などから、

 

導入費用を工面しなければいけないからだ。

 

管理組合では、それぞれの組合によって決まった日に総会が行われると思う。

 

事前に理事長にでも相談して、しっかりとした準備を整えて、総会に議案として提出するとよい。

 

この場合、共用部分の変更という大きな改修に当たるために、

 

議決権の4分の3以上の賛成が必要になる。

 

当然、よほどのメリットがないとそれだけの賛成を得られることはできないだろう。

 

まずは、事業用太陽光発電はシミュレーションします
で見積もりをとってください。

 

どれくらいメリットがでるか相談することができます。

 

その上で、専門の担当者と相談していけるかどうか見極めて、

 

理事長に話を持っていくとよいでしょう。

 

まずは、第一歩、本当にメリットがでるかどうか、

 

理事会に話を持っていく価値があるかどうかを見極めることが重要です。

 

しっかりと日照量を確保できるなら、間違いなくメリットを享受することができるでしょう。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。