太陽光発電の歴史

MENU

太陽光発電の誕生

太陽光発電は、1954年アメリカのベル電話研究所にて、トランジスタの研究過程で、

 

シリコン太陽電池として発明されました。

 

これは太陽光エネルギーが照射されることでシリコンで電気が発生することを突き止めた

 

画期的な発明となりました。

 

この小さくて大きな第一歩がなければ、現在の太陽光発電はありえませんでした。

 

 

この太陽電池が初めて実用化されたのは1958年のことです。

 

発明されてからわずか4年、アメリカの人工衛生に搭載されたのが始まりです。

 

科学技術の進歩の歴史は軍用のものと密接な関わり合いがあるのです。

 

 

日本では1974年に策定されたサンシャイン計画で、

 

枯渇性エネルギーから再生可能エネルギーでもっとも可能性のある分野として、

 

太陽光発電を普及させるための、太陽電池の開発が本格化されました。

 

 

そして、日本は太陽光発電の生産量・普及率ともに世界一になりますが、

 

数年前まで補助金が打ち切られていたことと、中国を中心とした安い海外製品が

 

台頭してきたことで、その地位を追われ、現在は生産量・普及率ともに、

 

上位ではありますが、一位の座は奪われました。

 

 

もっとも太陽光発電が普及しているのは、スペインで、その次がドイツ、続いて日本です。

 

太陽電池の生産量については、日本勢では、シャープが世界第7位、京セラが8位と

 

現在ではトップシェアは海外メーカーが独占しています。

 

 

ただし、やはり高機能製品なので、日本製品は定評が高く、

 

また近年のめざましい技術革新でどんどん性能が向上しています。

 

そして、当サイト内で何度もお伝えしていますが、

 

補助金の復活と、売電補助の固定化により普及が加速しているのも事実です。

 

 

このまま進めば、日本の太陽光発電先進国家化も近いかもしれません。

 

 

いずれにせよ、発電効率のより一層の向上と、低価格化を三位一体で進めており、

 

これから名実ともに新エネルギー源として中心的役割を担うようになるのは間違いないと思います。

 

 

今後の太陽光発電システムの歴史も見逃すことができません。

再生可能エネルギーとしての可能性

太陽光発電は、太陽光という無限に照射する光を電気というエネルギーに変換する仕組みで、その活用が非常に期待されているとともに、日本国においても国が全面的に普及を後押ししています。

 

一方で、限られた資源を使うことでエネルギーを作り出すものを、枯渇性エネルギーと呼びます。

 

枯渇性エネルギー

化石燃料(石油、石炭、天然ガス、オイルサンド、メタンはいドレー度等)
核燃料(ウラン等)

再生可能エネルギー 太陽光エネルギー、太陽熱エネルギー、風力エネルギー、潮力エネルギー、地熱エネルギー、バイオマスエネルギー、雪氷熱エネルギー

 

太陽光発電の市場と動向【世界市場】

国際エネルギー機関IEAの発表によると、

 

2004年まで日本は太陽光発電の累積導入量は世界一でした。

 

しかし、補助金の取りやめにより、日本での普及が落ち込み、

 

逆にヨーロッパを中心とした環境先進国で普及が急速に拡大し、

 

ドイツ、スペインが世界の累積量で一位、二位となっています。

 

太陽光発電の生産量についても、

 

中国をはじめとした海外メーカーが現在は世界の主流となっており、

 

以前は大きなシェアを誇っていたシャープ、京セラは全体的なパイに対しては、

 

順位を大きく落としている情勢です。

 

ただし、これからもグローバルな競争による価格の低下と品質の向上により、

 

市場拡大は間違いのないことと考えられています。

 

 

太陽光発電の市場と動向【日本市場】

日本では、1980年代から2005年までは、

 

太陽光発電システムの設置数は拡大していきました。

 

ところが補助金の打ち切りにより、数年間足踏みを余儀なくされます。

 

 

2008年6月福田内閣により、低酸素社会づくり行動計画(福田ビジョン)が発表され、

 

太陽光発電の導入量を2020年までに当時の10倍、

 

2030年までに当時の40倍まで増やすことが目標設定されました。

 

 

2012年現在さまざまな補助金や売電助成などの施策で市場は拡大傾向にあり、

 

新築物件への設置、既存物件への設置、事業用のシステム導入、

 

あらゆる分野において、拡大し続けることが予想されています。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。