太陽光発電の基礎知識

MENU

太陽光発電の基礎知識をまとめておきます。

このカテゴリで紹介している項目は、他のサイトや本なんかで調べることができる内容ばかりです。

 

当然、知っている方は改めて読む必要はありませんし、

 

太陽光発電を導入するための判断材料となるようなことは一切書いてありません。

 

ちょうど、テレビを見るのに、どうしてテレビが電波を拾ってきちんと映るのかということを

 

知る必要がないように、この項に書いてあることを知る必要はありません。

 

従って、ここに書かれているようなことを知らない方で、特に気にならない方も、

 

知っている方と同様に読む必要はありませんので、無視して頂けたらと思います。

基礎知識を得ることに意味はあるのか

当サイトのであえて基礎的な知識についてのカテゴリを追加したのには、理由があります。

 

それは、当サイトで気になることすべてを解消することができるようになることです。

 

つまり、タイフィーを見れば太陽光発電について、少なくとも消費者の方が、

 

必要としたり疑問に感じることをすべて情報として入手できるということです。

 

そうすることで、わざわざグーグルやヤフーで検索する手間がなくなりますし、

 

当然その分集中して情報を得ていただくことができると思います。

 

だから、このような基礎的な部分についてもしっかりと掲載していくことにしました。

タイフィー基礎知識カテゴリにおける注意点

このカテゴリに掲載してある内容についての注意点です。

 

ここで掲載している情報については、太陽光発電の導入を検討している人向けの内容です。

 

したがって、専門的な情報というよりは、よりわかりやすくより簡易に、一般の方が見て、

 

納得しやすいように記載してあります。

 

もし、それ以上の細かい技術的な、学問的な点を追求したい方は、別のサイトか、

 

専門書をご覧いただきますようお願い致します。

 

一般の方は、ここに掲載されている内容を知れば十分疑問は解決されると思うので、ご安心下さい。



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

太陽光発電の基礎知識記事一覧

太陽光発電とは、太陽電池で太陽光を電気エネルギーに変える仕組み。再生可能エネルギーとして、注目を浴びています。上記のような仕組みになっています。一連の太陽光発電システムを構成する部材を説明します。太陽電池パネル、アレイ、モジュールとも呼ばれる、太陽光をうけて電気エネルギーに変換する核となる設備。もっとも小さな単位をセルといい、セルが組み合わさってパネルを構成し、パネルを組み合わせてモジュールという...

太陽光発電は、1954年アメリカのベル電話研究所にて、トランジスタの研究過程で、シリコン太陽電池として発明されました。これは太陽光エネルギーが照射されることでシリコンで電気が発生することを突き止めた画期的な発明となりました。この小さくて大きな第一歩がなければ、現在の太陽光発電はありえませんでした。この太陽電池が初めて実用化されたのは1958年のことです。発明されてからわずか4年、アメリカの人工衛生...

住宅用太陽光発電システムを開発したのは、京セラでした。今では直営のフランチャイズシステムで京セラ販売ショップを全国に展開しています。当時の価格は、今の数倍単価が高く、さらに発電効率が悪かったこともあり、非常に導入する方は少なかったのですが、それでもエコロジーや地球環境に対する、意識が高い方を中心に少しずつ導入する人は増えて行きました。普通に購入できるところは少なく、どこも積極的に販売していなかった...