2013年度の売電単価が下がる!いつ導入すべきか?

MENU

ついに2013年度売電価格が下がることが決まった。

2012年太陽光発電普及の立役者のひとつとなった全量買取制度。

 

当初からその単価の高さを疑問視する声があったのは事実。

 

これから導入単価が下がることを前提に、普及に弾みをつけようという狙いもあって、

 

この単価を設定したのいだと思う。

 

当サイトのコンテンツ、太陽光発電の導入時期はいつがよいのか?でも、

 

2012年度中に導入することをオススメしました。

 

そのときに、全量買取制度の売電価格が2013年度に改訂されるかもしれないとお伝えした、

 

その通りの展開となったようです。

 

最初から予想していたこととはいえ、現行の42円→37円前後になり、

 

その単価が向こう10年間変わらないということを考えると、

 

やはり、3月までの導入が最もお得なのは間違いないと思います。

 

タイフィーブログでも、緊急速報!全量買取制度の買取単価が下がることが決まった。

 

として記事をUPしておりますが、こちらでも詳しく検証していきたいと思います。

 

やっぱり2012年度内に太陽光発電は導入しないとまずいか?

太陽光発電の導入を検討している人の状況によって、

 

いつ導入したらよいかという判断が分かれるところと思います。

 

ここからは場合わけして、記載していくことにしましょう。

 

 

チェック

このページを見ている今現在2012年度の場合

 

 

 

○かつ太陽光発電を近々に導入することが決まっている人

 

 

迷っている場合ではありません。今すぐ導入に向けて動いて下さい。

 

これで十分!もっとも費用対効果を高く導入する方法をしっかりとご覧頂いて、

 

何としても年度内の完工を目指して下さい。

 

 

○かつ導入しようかどうか迷っている方

 

 

迷われている点を明確にしてみてください。

 

どんな点が懸念されるでしょうか?太陽光発電を導入する際に多くの人が懸念する5点

 

を参照頂き、疑問点等を解消していただけたらと思います。

 

その上で、今がもっとも導入に適していることを考えていただきたいと思います。

 

その理由は以下です。

 

ずばり、売電単価が高いこと=向こう10年間42円単価で買取が保証される。

 

全量買取制度の単価が下がることで年度末にかけて駆け込み需要が増える。
→競争の激化による値引き合戦=導入コストの低減

 

年度末決算のメーカー・会社が多いことによる導入コストの削減

 

 

○かつ導入したいけれど、初期費用がないという方。

 

初期費用0円で導入する方法を検討して下さい。

 

詳しくは、初期投資費用を0円にして太陽光発電を導入する方法をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年度にこのページをご覧頂いた方へ

当ページを作成しているのは、2013年1月27日です。

 

現時点で、来年度2013年の売電単価は決まっていません。

 

ただ、42円から37円前後まで下げられることが決まった状況です。

 

 

このページを2012年4月以降にご覧になられている方のために、

 

いつ導入すべきかについて、まとめさせて頂きます。

 

 

全量買取制度の売電単価は、毎年変わることが予想されています。

 

それは名目上は導入価格が下がることが理由とされていますが、

 

本当の理由は財源に限りがあるからです。

 

すでに売電単価が下がっていることが何よりの証明です。

 

そう考えると、すでに42円の売電単価で導入することはできませんが、

 

未来を見渡したときには、今が一番売電単価が高いときです。

 

当然、長い目で見ると導入単価は徐々に下がってくることには間違いないですが、

 

やはり機会ロスという観点からも早めの導入が一番メリットを大きくします。

 

それに、重要なことは全量買取制度だけではありません。

 

国や自治体による導入補助も、それぞれ財源に限りがあるため、

 

いつ打ち切られるやもわかりません。

 

何はともあれ、早めに見積もり・シミュレーションを取得して、

 

結論を早めに出すことが肝要と思います。

 

当然シミュレーションをとってあまりメリットを感じないようなら導入すべきではありませんが、

 

メリットがあるのなら、しっかりと相見積もりをとった上で早くに導入することをオススメします。

 

ここから下に紹介するリンクから判断することをオススメいたします。

 

これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する

 

太陽光発電補助金 25年度

 

※導入補助については、太陽光発電の設置することで得られる補助金についてをご参照下さい。

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。