産業用太陽光発電は10kW以上でOK

MENU

10kW以上の太陽光発電を設置して産業用で参入する方法

10kW以上の太陽光発電システムを導入する人が増えています。

 

もちろん、一定以上(50平米程度)の屋根や空き地などの設置場所が必要になりますが、

 

全量買取制度の圧倒的な優遇を受けることができるため、ものすごい勢いで、

 

産業用太陽光発電として参入しているのです。

 

 

のちほど詳しいメリットは、記載しますが、以下の条件に当てはまる方は、

 

是非参入を検討されることをおすすめします。

 

 

10kW以上の産業用太陽光発電に参入するための条件

 

 

 

チェック

日当たりのよい太陽光パネルを設置可能な50平米以上のスペースを所有する方

 

※家の屋根や工場や倉庫の屋根、空き地や野原などなんでもオールOKです。
ただし、日当たりがよくないと多く発電できない可能性がありますので、そこだけは注意が必要となります。

 

初期費用は、概ね300万円程度から始めることができますが、

 

現金がない方は、フルローンで参入することもできます。

 

また、想定利回りは、初期投資に対して10%以上、

 

フルローンで組んでもきちんと現金収入を得ることができます。

 

※具体的な収支を下に書いています。

 

 

10kW以上の産業用太陽光発電に参入するメリット

 

・安定的な高利回りの投資法となり、他と比べて圧倒的にリスクが少ない

 

※全量買取制度により発電した電力はすべて固定価格で買い取ってもらえること、
固定期間が20年という長期であることがリスクが少ない理由です。

 

・太陽光パネルは、メーカー保証が手厚い

 

・万が一の場合の保険も格安で加入することができる

 

・日照量は20年スパンで見ればそんなに大きな変動はない

 

・ローンを活用できるので初期費用がいらない

 

・遊休土地を有効活用できる

 

・地球環境への貢献ができる

 

 

以上のように非常に大きなメリットがある産業用太陽光発電ですが、

 

唯一一定以上のスペースが必要ということが大きなデメリットと言えるでしょう。

 

 

10kW以上の太陽光発電を導入した場合の収支シミュレーション

 

※あくまでも机上のシミュレーションなので、詳しくは下記サイトで見積もり依頼を

 

かけられることをおすすめします。

 

10kWの太陽光発電を300万円で導入したとします。

 

年間想定発電量はおおよそ11,000kWで、これは全国どこでも平均的に得られる数値です。

 

年間収益は、2013年導入の場合で11,000kW×37.8円=415,800円です。

 

20年間では、8,316,000円、経年劣化とメンテナンス費用を感情して650万円程度でしょう。

 

そうすると415,800円÷300万円=13.86%が運用利回りということができるでしょう。

 

※さらに保険代が年間数万円程度必要となります。

 

もし、少しでも産業用の太陽光発電に興味を抱いたのでしたら、

 

もし、50平米以上の空きスペースをお持ちでしたら、2013年度は参入のチャンスです。

 

何はともあれ、とりあえず見積もりとシミュレーションを取得してみてください。

 

 

約1分で見積り完了!産業用太陽光発電見積り!

 

見積もりとシミュレーションを依頼するようにしてください。

 

お金は一切かかりません、あなたが絶対に損することはありません。

 

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。