太陽光発電で費用はいくらかかるの?最安値で設置するための秘訣!

MENU

太陽光発電て費用はいくらかかるの?最安値で設置するための秘訣!

 

 

太陽光発電費用を徹底調査して、

 

あなたにとって最安値で導入する秘訣を紹介するサイト・タイフィーへようこそ!

 

タイフィーとは、太陽光発電(の一部tai)、費用(を英語に訳したfee)で作った造語で、

 

もっとも効果的な価格・費用で、もっとも効果的なプランを導入するためのガイドです。

 

 

 

太陽光発電を導入するする際に問題となるのは、

 

「初期費用がいくらかかるのか?」

 

という点ではなくて、

 

「いくらかけたら、どれだけリターンがあるか?という投資効果」

 

だと思っております。

 

 

たとえば、

(1)総工費200万円かけて工事をして、

 

その結果一年間で発電した電力量が、30万円となります。

というのと、

(2)総工費がなんと150万円で済みます!

 

その結果一年間で発電電力が、20万円です。

 

(1)(2)ではどちらがよいでしょうか?

 

 

おそらく見積もりだけみたら、(2)を選ぶ人が多いでしょう。

 

 

確かに初期費用が安いのは間違いなく(2)です。

 

しかも、50万円=約25%も安い金額になります。

 

 

ところが、費用対効果という側面を考えますと、少し勝手が違ってきますよね?

 

初期費用=総工費・・・投資金額

 

発電電力・・・リターンと考えるとするならば、

 

(1)300,000円 ÷ 2,000,000円 = 15%

 

(2)200,000円 ÷ 1,500,000円 = 13.3%

 

利回りでいうと、1.7%も(1)のほうが優れていることになります。

 

 

どちらがよいですか?

 

おそらく、よほどの事情がない限り、(1)がよいのではないでしょうか?

 

 

そうなんです。

 

タイフィーでは、太陽光発電と費用に関する徹底的な調査をした結果、

 

重要なのは初期費用ではないという結論に達しました。

 

 

つまり、費用対効果を最優先で考えることで、目的を容易に達することができるということです。

 

 

よく太陽光発電の費用について表現される方法として、

 

1kWあたりの金額があります。

 

よく、1kW=60万円とかって表記があると思うんですね。

 

ずばり、まずはここを見なくてはいけません。

 

 

でも、実はこれにも落とし穴があります。

 

 

あくまでもこれは太陽光発電を設置する際の、出力基準の価格です。

 

太陽電池パネルの標準的な設置費用は入っていますが、

 

パワーコンディショナー他の周辺工事費用は含まれておりませんし、

 

場合によっては、屋根の補強や修復等で余分なお金がかかることもあります。

 

また、ご自宅の状況によって発電出力もかなり変わってきます。

 

さらに、耐久制までは勘案されていないのです。

 

つまり、同じ1kW60万円の太陽光発電システムを導入したとしても、

 

10年で出力が6割に減ってしまうのと、8割の発電量を確保できるのとでは、

 

全く意味合いが変わってきます。

 

 

つまり、それぞれの自宅の状況に応じて、

 

最も適した太陽光発電システムを導入する必要があるわけです。

 

 

 

 

ポイント

当サイトは、どうしたらその最適な太陽光発電システムの導入ができるか、最適な費用というのはいくらなのか、徹底的に解説しています。

 

 

 

この観点こそが、タイフィーが多くの方から支持されている点といえます。

 

 

太陽光発電の導入を検討されている方へ、タイフィーが自身をもってオススメするコンテンツ、

 

これで十分!太陽光発電の費用を抑え、最も費用対効果を高く導入する

 

こちらをご覧下さい。

 

 

 

 

 

※ここでは、発電量=節電金額+売電収入額 としいう意味で記載しています。

 



全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。


太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。